未経験から女性SEになれるのか

新卒で未経験から女性SEになる場合、IT業界は女性SEの数が少ないので受かりやすいでしょう。また、入社後にビジネスマナーやプログラミングを学ばせてくれる会社が多いです。これは会社側からすればいきなり現場に参加させて、新人が辞めてしまうのを避けるためです。実際に現場では複数の人で1つのプロジェクトが成り立っている事が多いので、プログラミング研修では同期とチームになり1つのものを作る練習などをします。プログラミング初心者の人でも、学校のように一から教えて貰えるので、不安になる事はないでしょう。

中途で未経験から女性SEになる場合、プログラミング経験がない上に一から仕事を教える必要があります。また、一人のために講師を雇い研修する機会はないので、現場で教育係の下、勉強しつつ働くことが多いです。自分で勉強しつつ、仕事についていく事になります。会社によってはプログラミングのいろはが分かるまで、設計書のフォーマット修正やマクロなどExcelを使った事務的な仕事を任せる会社もあります。これらの理由で、女性が不足していると言えど、面接で受かるのはなかなか難易度が高いです。

このように女性SEになる際、新卒と中途では難易度が変わって来ます。ただ、未経験で中途の人も険しい道のりではありますが、プログラミングはプログラムの書き方さえ確実にマスターすれば、他言語に応用可能です。多言語使えるSEはとても重宝されるので、勉強を重ねていくといいでしょう。