女性がSEへ転職する利点とは

インターネットの発展などの影響があり、SEの有効求人倍率は他の職業と比べて高いです。転職サイトなどで、平均的な有効求人倍率よりSEに関係する有効求人倍率は倍以上あると紹介されています。そのため、正社員としての求人が多数あるので、女性がSEへ転職して女性エンジニアになった場合、正規職につき安定した働き方することが可能となります。

正社員は、法的に雇用が守られているので、理不尽な理由により解雇された場合くつがえすことができます。ただ、法律で認められる要件を満たした場合、整理解雇にあうこともあります。SE業界に関してはこれからさらにインターネット技術の進化により、景気が良くなることが予想できます。そのため、他の業界と比べてもより雇用が安定していると言えます。

SEの平均年収は、一般的なサラリーマンと比べた場合100万位高いと言われています。女性の平均年収と比べた場合その差はさらに広がります。SEの仕事の評価は、技術の有無により決められるとされていて、性別により収入に差は出にくいと言われています。そのため、女性エンジニアだとしても、エンジニアの平均年収を得ることが十分に可能です。SE業界は将来性があると言われているので、SEが一般的なサラリーマンより会社から多くのお金を貰えると言うことはしばらく続くことが予想できます。仮に、今女性の平均年収で働いている場合、数千万円レベルで生涯年収を増やすことが可能です。