千葉での葬儀のプランに出てきた葬儀給付金5万円とは何ですか?

葬祭給付金制度は、その地域に在住する故人の埋葬代の一部について市が給付してくれる制度です。

私が在住する千葉県柏市であれば、柏市からの給付となります。

当家も利用しましたのでご説明しましょう。

■葬祭給付金制度(5万円給付)について。

葬祭給付金制度というのは、国民康保険の加入者が亡くなりになった場合、その故人が所定の葬儀場で葬祭を行った場合に限り、葬祭費の一部として埋葬料を受給できるという制度です。

給付額は一律5万円で、葬儀場のある自治体から支払われることになります。

自治体が定めていない葬儀場で埋葬しても対象外になります。

また給付にはあらかじめ申請手続きが必要です。

葬儀社に問い合わせすれば、手続きをサポートしてくれます。

■申請手続き後、葬儀が終わってから給付。

当家の場合、千葉県柏市にある「ウイングホール柏斎場」で葬儀をあげました。

担当者の方からご案内をいただいて給付できることになりました。

日程の関係で葬儀後の給付となりますが非常に助かりました。

ちなみにウイングホール柏斎場には大小2つのホールがあり、とてもきれいな式場です。

千葉にある式場の中では比較的こじんまりした葬儀場ですが、その感覚がまたアットホームで良かったです。

★葬儀の際はこちらのページも大変参考になりました–>【URL:http://www.repuestos-suzuki-chevrolet.com/

■千葉に生まれ柏市を愛した叔母が、最後は柏市に戻って給付を受け葬儀。

これ以上の喜びはなかったでしょう。

給付金を使って埋葬するということに当初は戸惑いもありましたが、故人である叔母は生前、自分の生まれ故郷でもある柏市を大変愛した人でした。

柏市からこのような恩恵を受けて、満足だろうと割り切りました。

家族葬で総額30万円ほどかかりましたが、給付金のおかげでお墓の建立が早まりました。

感謝しています。

Comments are closed.

TOP